薬を使わない

より自然に優しい薬剤を

以前、害虫駆除というと、薬剤を散布して、虫を殺すことがポイントになっていました。いかに強力な薬を使用して、いかに効率よく殺していくか、ということが考えられてきました。しかし、多くの薬剤を使用することは、環境にも悪影響を与える可能性があり、薬剤に耐性のある虫を増加させることにもつながりかねないため、最近では、薬を使用しない方向で、害虫駆除を行うことが考えられるようになってきています。害虫駆除の目的は、虫のいない環境を作ることであり、薬剤を使用することが目的ではないのです。そのため、より優しい、自然に存在する物質に変化する薬剤を積極的に使用したり、虫が嫌う、自然の成分の忌避剤を使用するようになっています。

害虫駆除業者にどんどん相談

特に、工場の防虫管理をしていると、製造している製品に影響がない薬剤を使用する必要があります。直接かかってしまうことはもちろんですが、臭いが移ってしまうこともあり、大きな被害になる場合があります。そのため、工場管理者にとっては、できる限り製品に影響を与えない、環境に優しい薬剤は必要性が高くなっているのです。こういった薬剤の最新情報に詳しいのが、害虫駆除業者です。害虫駆除業者は、虫の意ない環境を作るために、さまざまな方策を持っており、床面のでこぼこが虫の発生個所になっていれば、床面補修グッズを、光が原因になっている場合には、防虫フィルム施工をしたライトを提案するなど、多くの引き出しを持っているので、まずは相談してみることです。