寝ている子供

幼虫と成虫の対策法

アシナガバチの巣を駆除を検討している方はコチラに連絡しましょう。お電話一本ですぐに駆けつけてくれるので、安心です。

人間に被害を与える害虫の種類は様々あります。害虫の種類によっても、受ける被害は異なりますし、駆除方法も異なります。知識を身に付けて早急に対策をすることが大切です。害虫の1つが、ノミです。ノミとは、ノミ目に属する吸血性の昆虫のことです。ノミによる被害としては、刺されて激しい痒みに襲われたり、かさぶたができたり、みずぶくれができたりするというものです。一口にノミと言っても、約80種類もいるのです。その中でも、特に被害が多いのはネコノミやイヌノミなどよる被害です。ノミの体長は2ミリ~3ミリ程度で、オス、メス両方共吸血を行ないます。メスの背一中は、吸血した2日後ぐらいから産卵を行ないます。卵の大きさは0.5ミリ程度です。幼虫が卵からかえると、ゴミに含まれている有機物や、親の排泄物を食して、徐々に成長していきます。それから、成虫になっていくのです。猫や犬などの動物を吸血しますが、人間にも集まることが多く吸血します。

ノミ駆除をする場合は、成虫だけではなく幼虫にも対策をすることが大切です。その理由は、幼虫を駆除しないと、その幼虫が成長してしまうので、駆除をしたとしても何度も発生が繰り返されるのです。ですから、幼虫の生息場所を特定する必要があるのです。野良猫が原因でノミが住宅に侵入している場合は、敷地外に猫を追い出すことも予防の1つとなります。ノミが卵を産む場所は、猫や犬などの体です。体から卵から落ちたら、その落ちた場所で孵化した幼虫が、有機物を食べて成長していきます。ペットを飼っている家庭では、そのペットにノミがついている場合があります。ペットにノミが付いていた場合は、カーペット、畳、ゲージなどにもノミの卵が落ちている可能性があるので、徹底的に掃除をして、殺虫剤などを散布してノミ駆除を行ないましょう。成虫のノミを駆除する場合は、燻煙剤や、スプレー式殺虫剤などを使うと良いでしょう。

オススメリンク

薬を使わない

害虫駆除をする場合、薬剤を多く散布する人も多いですが、それでは環境に悪影響を与える可能性があります。そのため、最近では薬を使用せずに害虫駆除を行なうケースも増えてきています。

Read More...

情報を検索

生き物は、春になると活発な動きを見せる様になります。人間にとっても、陽気がよくなると行動がし易くなるのと同様です。しかし、普段の生活の中に、シロアリなどの害虫が発生した場合には、直ぐに害虫駆除を実施する必要があります。

Read More...

料金の相場

日本では、昔から木材を利用した家屋が建設されています。高温多湿といわれる風土には、適した建築方法でもあります。しかし、木材を利用した場合には、通気等にも配慮しておかないと、時としてシロアリの侵食を受けるケースがあります。

Read More...

駆除の方法

害虫とは、人の体や生活に害をなす虫のことで、たとえばノミやダニやシラミ、シロアリやゴキブリなどが該当します。このように色々な種類の害虫がいるのですが、害虫駆除の方法は、どの害虫が発生している場合でも基本的には同じです。

Read More...